カラコンの使用方法について

まず。カラコンを装着する際には入念に石鹸などを使用して手洗いを行うようにすることが大切で、手を洗わずにカラコンを持ってしまったりしますと、そのままレンズに付着した汚れなどが目の中に入ってしまい、視力低下を引き起こすというような場合もありますし眼病を引き起こす危険性が高くなりますので、必ずカラコンを装着する都度手洗いを入念に行うようにしてくださいね。

 

カラコン

 

そして、レンズの裏と表をしっかりと確認して間違って付けないようにすることが重要で、レンズが内側に丸まっている方を付ければ大丈夫ですので、裏返しで付けないようにすることがとても大切です。万が一、裏返しの状態でカラコンを装着してしまったというような場合であれば、使用中にゴロゴロ感とか違和感などが発生すると思いますので、すぐに使用を中止して、「カラコンの裏表は大丈夫なのか?」というようなことを確認してから付けるようにしてほしいと思います。

 

お手入れは徹底的に行いましょう!

また、カラコンを取り外す際にもしっかりと石鹸などを使用して入念にお手洗いを行ってから取り外すようにすることがとても重要で、目に汚れなどを付着させないようにするためにも、必ず徹底して行うようにしてくださいね。そして、カラコン使用者の場合であれば爪をあまり長くしていると危険ですので短く爪を切っておくようにすることが大切です。

 

そして、目に腫れとか異常などが確認されているというような場合には、カラコンをそもそも使用しないようにすることがとても大切で、この症状がカラコンを装着することによって、余計にひどくなってしまうこともあるのです。カラコンは、目に入れて使用をするものですが、目にとっては異物と変わりないですので、目の状態が悪いというような場合には、そもそもカラコンを使用しないようにすることが大切でしょう。

 

カラコンの清潔感を保つ保存法

そして、カラコンを外した後には洗浄をしてから清潔にして保存をするようにしましょう。保存ケースのフタもしっかりと閉めるようにすることが大切ですので、覚えておいてくださいね。レンズを外す際に注意をするべきことなのですが、目をできるだけ大きく見開くようにしてから、レンズを指の腹を使用して、ゆっくりと強くつままないようにして外すようにすることが大切です。

 

カラコンを使用する際には注意をすべき点が沢山ありますので、まずはカラコンの使用上の注意などもしっかりと読むようにすることが大切ですね。使用上の注意をよく読まずにカラコンを装着しているというような人がいますが、そういう使用の仕方をしていると、眼病を引き起こしたりするリスクが高まってしまうようですので注意をしてくださいね。