カラコンの色選び

「これからどんなカラコンを購入しようかな?」と悩んでいらっしゃる方も多いと思うのですが、カラコンと一口に言っても、様々なカラーバリエーションの物が発売されているということもあって「どのカラーを選んだら良いのかな?」と迷うこともあると思います。

 

日本人の瞳に合うのは?

カラーバリエーションには、ブラックカラーとかブラウンカラーとかブルーカラーとかグリーンカラーとか様々なカラーバリエーションがあるのですが、日本人の瞳の色に一番近いと言われているカラーが、ブラックカラーとブラウンカラーとかダークブラウンカラーですので、そういったカラーを選んで装着をするようにすると、黒目だけが大きくなったり瞳がパッチリしてきたりして不自然で違和感も何もないような感じで至って自然に装着をして使うことができるので、学校とか仕事場で使ってもバレないというようなこともあり沢山の人達が、このカラーのカラコンを使用されていると思います。

 

イメチェンしたい場合は?

逆に大きくイメージチェンジをしたい!というような場合であれば、ブルーカラーやグリーンカラーのカラコンを使用しても良いですし、カラーはこれ以外にも、レッドカラーなども存在していますので好みや気分に合わせて選んでいくというのもなかなか良いと思いますよ♪グレーカラーのものもありますので、本当にカラーに気を使うだけでも色々な雰囲気を出すことができて、とても楽しいですよ。黒目がちにしたいというようであれば、ブラックカラーを選ぶことをオススメ致します。

 

初心者向けカラコンの選び方

お洒落に敏感な若い女性達、いわゆる“ギャル”のみならず、益若つばさ、JYJのジェジュン(元・東方神起)や、中島美嘉など、芸能人が使用する場面も多くなったカラーコンタクトレンズ。「付けてみたいけど視界はどうなるの?」「度ありは売ってるの?」「着色面積ってどれぐらいがいいの?」などなど、よく見るようになった今でも、初心者の方々にとってはわからない事、不安な事が非常に多いと思います。しかし、学生でも手の届くような安い価格で販売しているものも多くなってきている今、勇気を出して使ってみてはいかがでしょうか?

 

まず、カラーコンタクトレンズの着色部分というのは、眼球の中で言う虹彩の部分に当たります。視界となる瞳の部分には着色されていないので、普通のコンタクトレンズと視界は何ら変わりません。また、度なしのみならず、度ありのカラーコンタクトレンズも多く流通しており、使用期間にもよりますが、一ヶ月使用であれば2000円ほどで購入も可能です。そして、着色面積についてですが11m〜15mmほどのものが多く流通しており、いわゆる“盛れる”カラコンは14mm〜のものを多くさしている事が多いです。

 

日本人の瞳は12.5mmが平均とされているため、それ以上の大きさを選べば顔の印象は大きく変わってきます。初心者はまず13mm〜14mmほどのものをおすすめします。14.5mmを超えると黒目が大きくなりすぎてしまい、違和感を感じる事も少なくありません。もちろん普通のコンタクトレンズと同様、正しい方法で洗浄や保存はこまめに行い、清潔を保つ事を忘れずに使用しましょう。