知っておきたいカラコンにまつわる病気と予防について

「デカ盛り」「メガ盛り」「強力目力」など最近のファッションには欠かせなくなった盛り系カラーコンタクトレンズ、皆さんも使っているという方が多いのではないでしょうか?そこで質問ですが、どのくらいの時間利用していますか?どのようにお手入れをしていますか?どのくらいの頻度で眼科の専門医に目の状態をチェックしてもらっていますか?今日は、カラーコンタクトレンズをしている皆さんに、目の病気の可能性についてお話していきたいと思います。

 

カラコン

 

酸素透過率の低さに注意!

ほとんどの方はすでにご存知だと思いますが、カラーコンタクトレンズには色素が入っています。そのためレンズの厚みが一般のコンタクトレンズより厚くなっており、酸素透過率もとても低くなっています。さて、この条件からどのような病気が想定されるのでしょうか?

 

この酸素透過率の低さや色素の溶け出しから考えられる病気は軽いもので粘膜性刺激。他にも角膜にまで影響する角膜内皮障害。慢性的な角膜の酸素不足により角膜内部にまでダメージが及ぶ病気です。ひどい場合は、角膜潰瘍(かいよう)など失明につながる病気も報告されています。

 

長時間の使用を避けてケアをしっかりすることが大切

カラーコンタクトレンズ使用による病気のほとんどが、長時間の使用と毎回のケアの手抜きだといわれています。使い始めはきちんとしていたのに、慣れてくるにつれサボってしまう・・・最後には自分の視力を失ってしまう可能性さえあるのです。きちんとルールを守って、定期的に眼科を受診することで防ぐことができるのです。そのことを肝に銘じて、カラコンライフを満喫してください。

 

カラコンの安全性について知ろう

最近ではモデルや芸能人も多数愛用しているカラコンですが、カラコンは危険だという話も聞いたことがある人も多いかと思います。カラコンが危険だと言われていたのは、2009年までは薬事法の対象になっておらずおしゃれを目的とした雑貨として扱われていました。通常のコンタクトレンズはもともと視力の悪い人が入れるものですので眼科に行き医師の処方箋をもらわなければなりません。

 

ところがカラコンは雑貨ということで、処方箋が必要なく若者が簡単に手に入れられるということもありこれがカラコンの危険性を浮かび上がらせる原因になりました。当時のカラコンはいわゆる無法地帯状態で粗悪なものも多く混ざっておりこれがカラコン有害説を広めてしまう結果になりました。

 

しかし、2009年以降は薬事法で制定され「カラコン=医療機器」として認定され、審査が厳しくなりこういった粗悪品が混ざっていることはないでしょう。

 

最近のカラコンはサンドイッチ製法といって着色部が直接目に触れることはないので、その点も安心できます。それでも不安な場合は口コミで人気の高いカラコンショップがおすすめです。

 

そういった人気ショップは医療機関の審査を受けているところも多く安心して利用することができます。最近では度アリのカラコンも多く発売されていますのでおしゃれと視力補正の両面からカラコンを楽しむことができます。

 

お手入れや洗浄はしっかりすることが大切

カラコンを装着していると、眼病予防などもしっかりと行う必要があるわけなのですが、このカラコンを長期間の間、使用しているのにもかかわらず、カラコンのお手入れや洗浄などがしっかりと行き届いていなかったりして、レンズに汚れなどが付着したままで着けてしまったりすると、思わぬ眼病などを発症してしまうこともありますので、十分に注意をしてほしいと思います。

 

アカントアメーバ角膜炎に注意!
このカラコンを装着して発生してしまう眼病の一つとしては、有名なものでアカントアメーバ角膜炎というものがあります。このアカントアメーバ角膜炎は非常に発症しやすい上に、治りにくく、悪化してしまうと失明をしたりする危険性のあるコワイ眼病の一つで、治すのも時間が経てば治るだろうと高をくくっていても治らないのでこの眼病を発症してしまったら、早い段階で眼科などに行って調べてもらう必要があります。

 

目の違和感があったりする場合には、すぐにカラコンの使用を中止しないと症状が悪化してしまう恐れもありますし、早い目に眼科へ行って、症状を見てもらったり治療をしてもらったりする必要があると思います。カラコンが危険と言われている理由の一つとしましては、この眼病にあるのですが、間違った使用法などをしてしまうと、眼病にかかるリスクが高まってしまうので十分に注意をしてほしいと思います。

 

カラコンの誤った使用には注意しましょう!

また、カラコンの誤った使用などで起こってしまう眼病は、これだけではなくて角膜ヘルペスという怖い病気もあるようで、視力低下してしまったり充血が止まらなくなったりもするみたいですね。この眼病の恐ろしいところは、完全に防ぐ方法がないというところで、一度完治しても、再発してしまう危険性が高い眼病ということですので注意をするようにしてくださいね。

 

他にも、角膜浮腫というような怖い眼病にかかってしまう可能性もあるみたいで、視界がボヤーっとかすんで見えるようになることもあるみたいですし、光がいつも以上にまぶしく感じてしまうこともあるということで、これらが初期症状となるみたいですね。この眼病にかかってしまいますと、角膜上皮びらんなどの病気を新たに発症してしまう危険性も高くなり、他の眼障害を引き起こしてしまうこともあるみたいですので、これらの症状が発生してしまったというような場合であれば、すぐさま、カラコンの使用を中断して眼科に行って調べてもらうようにするのが良いみたいですね。

 

トラブルが発生した時は?

とにかく、目の充血が止まらなかったり、涙が止まらなかったりするというような目のトラブルが起こっているというような場合であれば、カラコンの使用を中断して眼科で診てもらうようにしてほしいと思います。

 

アカントアメーバ角膜炎はメニコンのエピカコールドとかボシュロムのレニューマルチプラスなどを使用することによって防ぐことができるようになるみたいですので、できるだけこれらの製品を購入して使うように心がけてみてほしいと思います。