着色直径とベースカーブの意味

カラコンにはいくつかの専門用語的な物があり、それら一つ一つを全て覚えておくという必要はないのですが、着色直径という物は覚えておいた方が良いかもしれません。

 

着色直径とは?

ちなみに「着色直径というのはどんな物なのか?」と言いますと、コンタクトレンズの中心でこのカーブに沿って計った長さのことをそう呼んでいるみたいですね。これはカラコンを装着する上でとても大切なことですので、知っておいた方が良いかもしれません。購入時に気にするのが求められていますし、これのサイズによっては目元の雰囲気がガラリと変わってきますし、目元の印象にも関わってきますのでカラコンはこの着色直径を意識して選ぶようにした方が良いと思います。

 

カラコンを選ぶ際に着色直径の確認を

着色直径を使い分ける際にオススメとされているカラコンが、クオーレカラコンというところで、ここのカラコンはスマートフォンからでも購入をすることができるので、かなり便利ですしお買い物もしやすいですね。カラコン選びに失敗しないようにするためにも、この着色直径にはこだわって選ぶようにするのがベストだと思います。

 

着色直径が大きいほどデカメ効果が

ちなみにデカ目を引き出したいというようであれば、これは大きい物を選ぶようにすると良いみたいですよ。レンズの直径そのものを大きくすればデカ目になれると考えている人がかなり多いように見受けられますが、実際は着色直径が大きいものを選ぶようにするのが、デカ目を引き出すために効果的なことなのです。

 

BCって?

カラコンを初めて装着しようと思っていらっしゃる方の中には、「BCって何?」というような疑問を持っておられる方もいらっしゃると思うのですが、このBCというのは「ベースカーブ」の略称で、レンズのカーブの度合いを示す物ですね。

 

ベースカーブの数値

このベースカーブの数値が小さければ小さいほどカーブが強くなります。逆に、数値が大きければ大きいほどカーブが緩やかになるみたいです。もちろんこのベースカーブの値が小さければ小さいほど良いとか、大きければ大きいほど良い・・・というようなことでもなくって、自分の瞳に合ったサイズの物を選ぶようにするというのが大切です。

 

ベースカーブの選び方

このベースカーブはどういう物を選べば良いのか?というようなことは、一度眼科に受診をされると知ることができますので、そこで適正を判断していくことになります。この値が自分の瞳に合っていない物を選ぶとレンズがズレてしまったり、痛みが出てきたりと、目のトラブルを引き起こしやすくなってきますので注意をするようにしてくださいね。

 

しかし、「完全に一致させないといけないの?」というとそういうわけでもないみたいでぴったり一致させなくても程よくサイズを合わせるだけで良いみたいですし目の違和感などを出さないためにも、レンズのサイズは少し大きめの方が良いみたいです。もしカラコンを使用し始めたいというような方は、一度このベースカーブを眼科に行って調べてもらうのが得策です。